【正解】エコキュートはどこで買う?お得な方法から一般的な買い方まで!

エコキュートはどこで買う?

「ガス給湯器からエコキュートに切り替えを検討している」
「エコキュートが故障し、初めて交換する」

などの場合、エコキュートを自分で買う必要がありますが、「エコキュートはどこで買うの?」と迷う方も多いのではないでしょうか?

エコキュートは普及し始めて年数が浅いため、給湯器に比べ切り替えや交換の際の導入手順(購入先や買い方など)を知らない人も少なくありません。

ここでは、エコキュートが買える販売店4つをはじめ、エコキュートを安く買う方法や一般的によく選ばれている買い方などを紹介していきます。

結論だけ言うと、エコキュートを安く買う場合はネット通販(もしくはネットで依頼できる専門業者)がおすすめ。少々割高でも無難に買いたい場合はエディオンやヤマダ電機などの家電量販店がおすすめです。

エコキュートが買える販売店4つのメリット・デメリットを紹介しているので、「どこで買うの?」と気になっている方はぜひ参考にしてください!

目次

エコキュートはどこで買う?販売店は4つ

エコキュートを購入するには、給湯器取扱の販売店で購入するのが一般的です。エコキュートのお店や業者は主に4つあり、「ネット通販」「家電量販店(地元の電気屋含む)」「リフォーム業者」「訪問販売」などが挙げられます。

ネット通販

まず「ネット通販」の特徴は、スマホやパソコンといった手元にネット環境さえあれば、通販ショップを通じてエコキュートの商品本体を自由に選べることです。

時間の制約がなく、いつでも探すことができます。しかも価格が安いのがメリットです。反対に設置条件の不一致や口コミに信頼が置けないこと、保証がまとまっていないのがデメリットです。

家電量販店

「家電量販店」は、家電を販売する専門店としてエコキュートを取り扱っていることがあります。

店頭で購入者が具体的にスタッフから話を聞いて、本体や保証内容を選択できます。一部の製品では本体を直接目で見て選べるのも特徴です。ポイントサービスの利用や比較的安く購入できるのがメリットです。ただし、下請け工事がデメリットです。

リフォーム業者

「リフォーム業者」は、エコキュートを取り扱うネットや販売店舗を拠点とする事業者のことです。ガス給湯器やガス・電気会社に関連した業者も少なくありません。

ネット申し込みのできる業者では、リフォーム業者専用の公式ホームページや集客のためのランディングページが存在します。

そこから問い合わせフォーム、電話などで新規設置・交換を依頼します。デメリットとして費用は割高ですが、保証や交換工事の経験が豊富というメリットがあるでしょう。

訪問販売

「訪問販売」の特徴は、自宅に業者が来てエコキュートをアピールし、手早く契約を済ませられることです。ただし、購入の手間が省けるかわりに、高額の契約や詐欺など利用するリスクも高いです。

エコキュートを一番安く買う方法

エコキュートを一番安く買うには、「ネット通販を利用する」のが近道です。なぜなら、ネット通販なら安く本体のみを買うことができるためです。工事とは別に本体を手に入れれば、後は工事費の安いところに依頼すればよいだけでしょう。

通販で販売しているエコキュートの中には工事費込みの商品もありますが、このように安く本体だけを手に入れて、工事のみ行う業者を別に選ぶという裏技が使われています。

つまり、安く買って、さらに安い施工業者を選択することでとにかく安いエコキュートの設置を目指せるというメリットがあります。

しかし、エコキュートを安く買えるこの方法にもデメリットはあります。

まず、デメリットとして大きいのは、工事業者が本来提供している設置・施工工事は、商品購入をあわせて「本体費用込みの価格」になっていることが多いということです。

商品だけ別に買って、設置だけを依頼すると割増業金がかかる業者もあり、もし単純に割増がなくても商品込みで割引を受けれたはずの工事費の安さがなくなってしまうことがあるのです。

エコキュートをネット通販(工事費込み)で買う人が増えている

実は最近、エコキュートの購入をネット通販(工事費込み)でする人が増えています。ここでは、エコキュートをネット通販(工事費込み)で買うメリットやデメリットを説明します。

メリット

工事費込みの商品が選べる
24時間365日購入できる
実店舗と比べても一番安く購入できる

エコキュートをネット通販で買う場合、基本的に工事費込価格となっている商品を選びます。本体のみではなく、そのネット通販が指定した業者に任せることで安く工事を受けられる仕組みです。

工事費込みで購入すれば、あとはそのまま設置工事までまとめて済ませられます。改めて、設置工事をする業者を探して手間ひまを掛ける必要がありません。

なにより、ネット通販を使うメリットは24時間365日いつでも商品を探して購入できることです。通販は価格競争が激しいため相場の高いエコキュート本体を工事費込みでも安く手に入れられる可能性があります。

実際、実店舗と比べれば本体が安いのは明らかです。工事費込みの場合は、工事業者を自由に選べませんが、それを差し引いても十分なメリットです。

デメリット

設置条件が合わないことがある
口コミ・評判をそのまま信用できない
本体と工事で保証がばらばらのことが多い(個別に保証に入る必要がある)

ネット通販を利用するデメリットは、購入後に自宅のエコキュート設置条件と合わずに工事ができないケースがあることです。施工には設置条件を満たした場合のみ工事できるのがエコキュートの特徴です。

特に近隣の住宅との距離や配線などの設備はエコキュートの設置にも影響します。通販では、どのエコキュートを購入するかを先に決めてしまうため、購入後に設置条件のことでさまざまなトラブルが起こりえます。

また、通販が表示する口コミ・評判などはあまり信頼できないため、鵜呑みにして購入すると失敗することもあります。

特に、星5で口コミも良好だった機種や工事業者が当てにならず、修理や再設置が必要になったなど稀に起こる場合もあるのです。

そのうえで、保証体制などが通販では充実しておらず、機器本体の保証と工事保証などが別々です。必要に応じてオプション加入などが必要となるでしょう。

このように、ネット通販は購入から設置、保証まで全体を考えると業者に比べてデメリットが目立ちます。しかし、とにかく予算が少ないという場合には、安くて探しやすいのが魅力です。

工事費込みでしっかりとした施工業者がお得に提供しているところもあるため、後は通販の中から最良のところを選べば、デメリットが少なく、さまざまなメリットを享受できるでしょう。

おすすめのエコキュート交換業者

工事費込みのネットで見つかるエコキュートのおすすめ交換業者を2社紹介します。この2社は業界で有名で実績も豊富なため安心して依頼できます。

1社目が全国各地に拠点のあるキンライサー

キンライサーはCMでもおなじみなので、知ってる方も多いと思います。エコキュートの年間販売台数3万件以上で、10年間の商品&工事保証付きで安心です。公式サイトでは幅広い取扱メーカーの料金も記載されてるので参考にしてください。

2社目はミズテックが運営の給湯器駆けつけ隊

給湯器交換業者として満足度の高いミズテックはエコキュートにも対応しています。最大91%OFFの割引率を誇り業界トップクラスの安さが魅力。また、最短30分で駆けつけてくれるため、急なトラブル時におすすめ。ただし、北海道・東北はエリア外なので注意!

エコキュートは家電量販店で買うのが一般的!

電気製品を扱う家電量販店は、エコキュート設置時に購入先として選ばれることがよくあるのです。そこで、一般的なエコキュートの販売店として認識されている家電量販店のメリット・デメリットを確認します。

メリット

店独自のポイント付与・ポイントサービスを使える
激安セールや割引がある
相談に乗ってもらいやすい

家電量販店で選ぶメリットは、その店が独自に設定したポイント付与・ポイントサービスが受けられて、割引などもセール等でしていることです。

給湯器業者のエコキュートは、割引する本体の機種が限られており、シーズンや激安セールなどを開くことはなかなかありません。

それに対し、家電量販店は普段から割引セールやポイント増額などのキャンペーンを通じてサービスをお得に提供しているのです。タイミング次第ではかなり安くポイント特典なども有効に使った買い方ができます。

特に地元の電気屋は、親身に相談に乗ってくれるなど寄り添います。そのため、高齢者の方や親切なお店に任せたいという場合には、家電量販店がおすすめです。

デメリット

工事を下請けに任せている
ネット通販より少し高い

デメリットとして工事を下請が行うケースが多く、大手の家電量販店は店頭と工事に差を感じることがあります。家電量販店のメインは商品の販売で施工には重点を置いていないケースなどは特に注意が必要です。

また、値段がネットショップに比べて少し高めに設定されていることです。通販よりは少し高いというのが業界での相場感といえます。

エコキュートをリフォーム業者から買うのは割高になりやすい

リフォーム業者はガス給湯器の交換作業なども取り扱っており、エコキュートに切り替える場合などによく利用されます。そこで、エコキュートをリフォーム業者から買って工事するメリットやデメリットについて説明します。

メリット

設置工事やリモコン、撤去費用、保証費などコミコミ価格
工事に必要なものが業者側にそろっている
本体・工事の保証が充実している

リフォーム業者に依頼するメリットは、さまざまな費用を込みで価格提示してくれるところです。

特に撤去費用などを含めた標準工事費などを設定しており、実際にどのくらいの工事費用がかかるのかひと目でわかります。自宅の給湯器交換などからエコキュートに交換した場合に撤去作業なども含めて作業してくれます。

それから、保証体制がしっかりしており、さらに工事に必要な資格や施工技術・ノウハウを有しており、安心して任せられることもメリットです。

エコキュートには電気設備の資格なども必要となり、不具合による故障や修理が必要にならないためには質の高い工事が要求されます。

デメリット

費用が割高な傾向にある
業者によって違い(当たり外れ)が大きい

リフォーム業者を通すデメリットは、当たり外れがあり、思ったような工事や保証を受けられないことです。

中には、資格を保持していないにもかかわらず、エコキュートの設置工事をする業者がおり、工事完了後に追加費用を請求する悪質な業者もあるため、リフォーム業者選びが重要となってきます。

エコキュートを訪問販売で買うのはリスクが高い

最後にエコキュートを訪問販売で買うのはリスクが高いことについて、メリットやデメリットを含めて説明します。

メリット

給湯器乗り換えのきっかけになる
外出せずにすぐ契約が済む

訪問販売のメリットは、通常のガス給湯器などを使用していてエコキュートに乗り換える際に、うまくきっかけがつかめなかった人に新たな設置の機会を与えることです。

たいていは、外に出かけることなく自宅に居ながら契約が完了します。相手との信頼関係も重要なため、営業に来た人など自分の目で相手を見極めることもできます。

デメリット

全国で訪問販売営業の苦情が多い
価格が高い
悪徳業者と遭遇する可能性が大きい

訪問販売はデメリットの大きな購入方法といわれており、工事費の高額請求や居座りなどの迷惑行為などから全国的に苦情件数も多いのです。

しかも販売価格がネット通販や家電量販店と比べても基本的に高額なことから、購入先として選ぶのもメリットが少ないでしょう。訪問販売業者に都合よく、「安いから是非」と吹き込まれて契約したら、実際は高かったなどのケースも珍しくないのです。

また、高齢者や一戸建ての住宅を狙い撃ちした業者が存在し、訪問販売に対応することで悪徳業者と遭遇する可能性が高いことも挙げられます。断ってもひつこく訪問されて一度対応すると、買わされるリスクを高めるなどのデメリットがあるのです。

まとめ

今回はエコキュートの販売店4つについてそれぞれのメリット・デメリットや一番安く買う方法などについて取り上げました。

エコキュートをどこで買うか迷ったときは、家電量販店が一般的ですが、下請けの不安がある人はリフォーム業者に依頼します。

希望として、「価格が安いこと」を優先する場合は、一番安い通販で買うのがお得です。自分で好きなときに本体を選べるメリットもあります。

ただし、訪問販売はリスクがあるため基本的におすすめできません。以上を踏まえて、エコキュートを導入するのに利用する販売店を選びましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる