ガスコラボ四国

活動報告

2016年09月08日

砥部町立麻生小学校

平成28年9月6日(火)、砥部町の麻生小学校において、5年生78名並びに保護者約70名を対象に【火育×地産地消】の出前授業が実施されました。
また、今回の出前授業は、翌週に大三島少年自然の家で行う飯盒炊爨の予行演習と併せる形で、「火について」や「火の使い方」など学ぶ場として計画されました。
まず【火育】の部では、体育館でスライドを使いながらクイズを3問出題するなど、児童の皆さんに関心を持ってもらえるよう工夫をしながら、「火について」、「火と人の関係」、「人と火の歴史」などについて学んでもらいました。

座学終了後は、体育館下の駐車場に移動して、古代の火おこし(紐きり式)に挑戦してもらいました。
スタッフが紐きり式火おこしのお手本を見せて、麻綿を使った発火デモを行うと大きな歓声が上がっていました。
その後、児童の皆さんには14の班(大三島少年自然の家での班分け)に分かれてもらい、火おこしに挑戦してもらいました。中には引き紐が切れるアクシデントに見舞われた児童もいましたが、先生やスタッフ、保護者の方に手伝ってもらいながら、赤く燃える火種ができると、「火が付いた」と歓声を挙げていました。

古代の火おこしに挑戦した後は、マッチ擦りに挑戦してもらいました。
「マッチ擦りの経験がある」と答えた児童が比較的多かったにもかかわらず、マッチ擦りに苦労している児童もいました。

【地産地消】の部では、組立て式かまどを使い、地元で収穫された新米と広田地区の湧き水でご飯を炊く地産地消体験を行いました。
スタッフからかまどや羽釜などについて説明があった後、実際にかまどを使った炊飯に取りかかりました。かまどの火力を上げる際には、代表の児童が火吹き竹で空気を送る作業に挑戦してもらいました。
かまどのご飯が炊けると、児童の皆さんからは「お米のいいにおいがする」などの声が挙がっていました

また、児童の皆さんは、出前授業のかまど体験が一段落すると、コンクリートブロックを使って組み上げたかまどを用いて、保護者の方と一緒に飯盒炊爨の練習に取り掛かり、苦労をしながら飯盒でご飯を炊いていました。
最後は「火を使う時の3つの約束」をみんなで復唱して出前授業が無事終了しました。
出前授業のかまどで炊き上がったご飯は保護者の皆さんがおにぎりにして試食され、児童たちは自分たちが飯盒で炊いたご飯を昼食として味わっていました。
麻生小学校5年生の皆さんと保護者の皆さん、ありがとうございました。

2016年08月30日

松茂町立長原小学校

7月19日(火)に、徳島県板野郡松茂町立長原小学校において、5・6年生15名を4班に分け『火育&地域防災』の出前授業を行いました。

子供たちに火の歴史について質問形式で簡単に触れながら、ひもキリ式の火おこし体験を行った後、マッチすり体験を行いました。

子供たちは、『しんどいけど、たのしい!』とか『感動した!』などという声が飛び交いながら、積極的に取り組んでくれました。

次に、紙芝居をもとに『地域防災』について学習しました。災害時における行動や非常食のアルファー米の試食など、万が一、災害が起こった時の『減災』について学んでもらいました。

45分授業の予定が子供たちの熱心な態度を前に、ついついスタッフも力が入り、やや時間オーバーの1時間にて授業を終了しました。

最後に、ガスコンロでポップコーンを作り、しおり・ストラップと一緒に配布し、笑顔の中の授業で終える事ができました。

長原小学校の5・6年生のみなさん、ありがとうございました。

2016年08月05日

いの町立いの南小学校

7/23 いの町立いの南小学校 4年生の親子行事として、ガスコラボ 火育防災教室を実施しました。

子供達には、日本で起こる自然災害の一つ地震について勉強してもらいました。

また、高知地方気象台が発表している「その時、できることがあるぜよ」を基にケーススタディを実施し、 家具から身を守る「だんごむしポーズ」を、みんなで練習しました。

さらに、被災後の避難所生活を意識し、新聞で作った「使い捨てスリッパ」を作成し、水・モノが限られた中でできる事について、子供達と一緒に考えました。

最後に被災時に使うであろう「火」について学習し、火の特性の1つ「おいしさ」について体感してもらいました。

南海トラフ沖地震に備えるべく、津波が想定されない地域の学校でも防災意識が高まっています。

この防災教室を通じ、普段「火」を扱わない子供達が、大人になって家を建てるとき、ガスが選択肢にあるように、「火」の印象が残るように、楽しい教室を心掛け実施することができました。

丸亀市立富熊小学校

7月19日(火)香川県丸亀市の富熊小学校において、5年生、32名を対象とした『火育&地産地消』の出前授業を行いました。

最初に火の歴史や大切さの説明し、続いて古代の紐きり棒を使用して火おこしを全員で体験しました。なかなかうまく火種ができない子供たちもいましたが、みなが協力し一生懸命頑張った結果、上手に火種を作ることができました。火育マイスターによる麻紐への着火デモンストレーションにも大興奮でした。続いてマッチすり。マッチを触ったことがない子供が多数もいる中、一度体験するとマッチがなくなるまで何度もチャレンジする子供達もいました。子供たちの瞳に炎もキラキラ輝いていました。

続いて、「地産地消」体験では香川オリジナルのお米、『おいで米』でかまどご飯に挑戦。薪をかまどにくべ赤く燃え上がる炎にここでも大興奮。湯気が立ち火を落として蒸らすこと20分。かまどのふたを開けると、真っ白い湯気とともにピカピカの白米が炊き上がりました。炊き立てのお米は、おにぎりにして試食しました。おいで米の独特の甘さを堪能し試食後は、「とてもおいしかった」と明るい声が校庭に響き渡りました。

富熊小学校の5年生のみなさん本当にありがとうございました。

2016年08月04日

東温市立上林小学校PTA野外活動イベント

平成28年7月30日(土)、東温市の風穴-上林森林公園において、東温市立上林小学校PTA主催の野外活動イベントに参加した小学生25名並びに保護者27名を対象に【火育×地産地消】の出前授業を実施しました。
まず【火育】の部では、紙芝居を使いながら簡単なクイズを出題するなど、児童の皆さんに楽しみながら「火育」、「火が人にもたらした恵み」、「人と火の歴史」などについて学んでもらいました。

座学終了後は、古代の火おこし(紐きり式)に挑戦してもらいました。
スタッフが紐きり式火おこしのお手本を見せて、麻綿を使った発火デモを行うと大きな歓声が上がっていました。その後、児童の皆さんには5班に分かれてもらい、火おこしに挑戦してもらいました。中にはスタッフや保護者の方に手伝ってもらいながらやっとの思いで火種を作った児童もおり、古代の火おこしがいかに大変だったかを体験してもらうことができました。

古代の火おこしに挑戦した後は、マッチ擦りにも挑戦してもらいました。
マッチ擦りの経験がないお子さんも多くいましたが、野外活動に来ていることもあり、皆さん積極的にマッチ擦りに挑戦していただき、古代の火おこし方法に比べると、簡単に火を点けられるようになったことを体験してもらうことができました。

【地産地消】の部では、組立て式かまどを使い、地元の上林地区で収穫されたお米と上林地区水の元の湧き水でご飯を炊く地産地消体験を行いました。
かまどなどについて説明があった後、実際にかまどを使った炊飯に取りかかりました。かまどの火力を上げる際には、児童の皆さんに火吹き竹で空気を送る作業に挑戦してもらいました。

1~3年生の児童の皆さんが午後4時半には下山しなければならなかったため、かまどの他にガス炊飯釜でも試食用のご飯を炊いておき、おにぎりを作って試食してもらいました。
また、かまどのご飯が炊けると、「いいにおいがする」などの声が挙がり、炊き上がったご飯はテントで宿泊体験をする4~6年生とその保護者の皆さんの夕食のカレー用ご飯として活用して頂きました。
最後は「火を使う時の3つの約束」をみんなで復唱して出前授業が無事終了しました。上林小学校の皆さん、ありがとうございました。

参加お申込み 火育キッズ教室出前授業 お申込みフォーム
ガスコラボ四国 (一社)徳島県エルピーガス協会 (一社)香川県LPガス協会 (一社)高知県LPガス協会 (一社)愛媛県LPガス協会 四国ガス株式会社

カレンダー

2018年11月
« 8月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930