ガスコラボ四国

活動報告

2016年02月10日

砥部町立宮内小学校

平成28年2月5日(金)、愛媛県砥部町宮内の砥部町立宮内小学校において、6年生69名を対象に【火育&地産地消】の出前授業が実施されました。本来であれば、1月19日(火)の「火育の日」に四国4県で一斉に出前授業が開催される予定でしたが、1月19日の愛媛県は暴風雪警報が発令されて学校が休校となったため、愛媛県だけが延期となっておりました。

まず【火育】の部では、体育館にてスライドを使いながら児童の皆さんに「火育とは何か?」、「火とは何か?」、「人と火の歴史」などについて学習してもらう座学を実施しました。

座学終了後は、屋外に出て古代の火おこし(紐きり式)に挑戦してもらいました。

スタッフが火おこしのデモを行った後、児童の皆さんが二人一組になって火おこしに挑戦しましたが、中にはスタッフにヒキ紐を一緒に引っ張ってもらったり、ヒキリ棒を押さえてもらいながらやっとの思いで火種を作った児童もおり、古代の火おこしがいかに大変だったかを学んでもらうことができました。

古代の火おこしに挑戦した後は、マッチ擦りに挑戦してもらいました。

今までマッチ擦りをしたことがあると答えた児童は大勢いたものの、実際にマッチを擦ってみるとおっかなびっくりで挑戦している児童もいましたが、古代の火おこし方法に比べると、簡単に火を点けられるようになったことを学んでもらうことができました。

【地産地消】の部では、組立て式かまどを使い、地元の砥部産の米と広田地区の湧き水でご飯を炊く体験を行いました。

かまどのしくみなどについて説明があった後、実際にかまどを使った炊飯に取りかかりました。かまどの火力を上げる際には、代表の児童が火吹き竹や団扇で空気を送る作業にも挑戦しました。

炊き上がったご飯を蒸らしている間には、火育に関するクイズにも挑戦してもらいました。

蒸らしが終わったら、出来上がったご飯をみんなで試食。児童からは「美味しい」「(ご飯の)いいにおいがする」などの声が挙がっていました。

最後に「火を使う時の3つの約束」をみんなで復唱して出前授業は終了しました。宮内小学校6年生のみなさん、ありがとうございました。

また、屋外で授業をしていた3年生の先生から「折角なので古代の火おこしを児童に見せてもらえないか」と相談があり、急遽3年生の皆さんにもスタッフが火おこしを披露する機会を与えて頂けました。

なお、出前授業の様子は、宮内小学校のHP(http://miyauchisyo.blog.fc2.com/)にも掲載されておりますので、是非、そちらもご覧になってください。

参加お申込み 火育キッズ教室出前授業 お申込みフォーム
ガスコラボ四国 (一社)徳島県エルピーガス協会 (一社)香川県LPガス協会 (一社)高知県LPガス協会 (一社)愛媛県LPガス協会 四国ガス株式会社

カレンダー

2018年10月
« 8月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031