ガスコラボ四国

活動報告

2016年01月20日

吉野川市立鴨島小学校

1月19日(火)、徳島県吉野川市の「吉野川市立鴨島小学校」において、6年生の生徒66名を対象とした火育出前授業を行いました。

当日は、風と雪が強く吹く空模様で、気温も0℃前後と大変寒い状況であった為、体育館の中にブルーシートと火おこし体験用のベニヤ板を設置して火育出前授業を行いました。

火が生まれてからこれまでの歴史をクイズ形式で説明した後、木と木の摩擦で火種をつくる火おこしを体験してもらい、普段何気なく使っている火を作りだす難しさを経験してもらいました。

また、最近では使うことが少なくなったマッチ擦り体験では、マッチ棒とマッチ箱の持ち方から説明し、正しいマッチの擦り方を学んでもらい生徒全員にマッチを擦ってもらいました。

最後に、鴨島町で収穫された地元のお米をかまどでふっくらと炊きあげて、生徒全員でおにぎりにして食べてもらいました。かまどの底には炊飯器ではできない「おこげ」も出来て、「これ何!?」「おいしい!」と、初めて見る「おこげ」に驚きの声をあげていました。

悪天候の中での実施でしたが、参加していただいた鴨島小学校のみなさん、ありがとうございました。

2015年12月09日

太田南わくわく教室

11月7日(土)高松市太田南コミュニティーセンター駐車場において太田南小学校の児童を中心とする太田南わくわく教室の授業として「火育&地産地消&地域防災」をテーマに出前授業を実施致しました。

① 参加者にガスコラボ四国「火育キッズ教室」のリーフレットを配布し、火の起源や古代から現代までの火の利用方法や火が日常生活においてどう関わっているかを説明し、「3つの約束」(1.火を大切に使います。2.火を安全に使います。3.火を使う時はおうちの人といっしょ)を斉唱しました。

② スタッフの火おこしスペシャリスト2名が実際に火おこしを行い、火種を作り、麻ヒモをほぐしたものに着火するまでを実施しその火をかまどに投入し炊飯を開始しました。

③ 参加者を5グループに分けスタッフが1名~2名ずつ付いて参加者全員交代で火種ができるまでを体験して頂きました。その後、マッチの擦り方を教え、参加者全員にマッチ点火をしてもらう等、火の大切さを理解して頂きました。

④ 地産地消では香川県産の最高級米「おいでまい」をかまどで炊飯しました。

⑤ ご飯が炊きあがるまで地域防災として、防災紙芝居クイズで大いに盛り上がり、ストラップを配布しました。

⑥ 炊きあがったご飯を試食して頂き、終了しました。残りのご飯は参加者がおにぎりにして持ち帰りました。

* 今回は防災紙芝居クイズがかなり好評でした。かまど炊きご飯のお焦げを欲しがる児童が多数で中々かまどから離れてくれませんでした。参加人数は少なかったですが、密度が濃く大成功の出前授業だったと思います。

2015年12月04日

三好市立白地小学校

11月27日(金)、徳島県三好市の「三好市立白地小学校」において、1年生から6年生の生徒25名を対象とした火育出前授業を行いました。

当日は、時折小雨が降るあいにくの曇空で、気温も低く、火育には適さない状況であった為、防火対策を万全にしたうえで体育館の中で火育出前授業を行いました。

火の歴史に関するクイズでは、低学年から高学年の生徒まで一緒になって考えてもらい、答えを聞くたびに「知らなかった!」、「すごい!」といった感動の声を聞くことができました。

また、火おこし体験では、1、2年生の低学年の生徒には火種(ひだね)作りは難しいと思われましたが、高学年のお兄さんお姉さんのやり方を見て、見よう見まねで上手に火種を作ることができました。

最後に、かまどで炊いたごはんを、生徒全員でおにぎりにしてもらい「おいしかったよ!」のうれしい声をいただき、無事終了することができました。

参加していただいた白地小学校のみなさん、ありがとうございました。

2015年11月02日

香南市立佐古小学校

今回は、ガスコラボ四国に於いて、PTAの学年委員様よりご依頼があり、学年行事の1コマとして火育教室を行いました。

想像していたよりも、マッチで火を点けた事がない児童が多くこの活動の重要性を再認識しました。

また、保護者の参加も非常に多く、一緒になって火おこしをすることで、親子・地域の良いコミュニケーションを持つ機会ともなりました。

また次回に向け、子供達にとってより良い時間となるよう工夫していきます。

坂出市立川津小学校

10月13日(火)香川県坂出市の坂出市立川津小学校において、5年生2クラス 42名を対象とした『火育&地産地消』の出前授業を行いました。
最初に火の歴史や大切さの説明し、続いて古代の紐きり棒を使用して火おこしを全員で体験しました。なかなかうまく火種ができない子供たちもいましたが、みなが協力し一生懸命頑張った結果、上手に火種を作ることができました。火育マイスターによる麻紐への着火デモンストレーションにも大興奮でした。続いてマッチすり。マッチを触ったことがない子供が多数もいる中、一度体験すると何度もチャレンジする子供達。子供たちの瞳に炎もキラキラ輝いていました。

続いて、「地産地消」体験では出来立ての『新米』でかまどご飯に挑戦。薪をかまどにくべ赤く燃え上がる炎にここでも大興奮。湯気が立ち火を落として蒸らすこと20分。かまどのふたを開けると、真っ白い湯気とともにピカピカの白米が炊き上がりました。新米独特の甘さを堪能し試食後は、「とてもおいしかった」と明るい声が校庭に響き渡りました。

川津小学校の5年生のみなさん本当にありがとうございました。

6 / 9123456789
参加お申込み 火育キッズ教室出前授業 お申込みフォーム
ガスコラボ四国 (一社)徳島県エルピーガス協会 (一社)香川県LPガス協会 (一社)高知県LPガス協会 (一社)愛媛県LPガス協会 四国ガス株式会社

カレンダー

2018年7月
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031