ガスコラボ四国

活動報告

2018年11月20日

親子火育体験イベント活動報告

平成30年9月29日(土)、リンナイ㈱松山営業所において、小学校高学年の子供を持つ親子を対象に「親子火育体験イベント」が実施されました。
また、今回のイベントは、子供を持つ親世代に対してガスを啓蒙する場として計画されました。
最初に会議室でスライドを使いながらクイズを3問出題するなど、親子の皆さんに関心を持ってもらえるよう工夫をしながら、「火について」、「火と人の関係」、「人と火の歴史」などについて学んでもらいました。

座学終了後は、ショールームに移動してもらい、ビルトインガスコンロでダッチオーブンを使い無水トマトカレーの調理を行いました。親子で一緒に食材を切る等の下処理をしてもらい、ダッチオーブンに移して調理を行う際には親子から「こんなに簡単で料理ができるの?」といった声が挙がりました。

ダッチオーブン調理の待機時間には「火育」の実習を行いました。まず最初に「マッチ擦り体験」を行ってもらいました。「マッチ擦りの経験がある」と答えた児童が少なくスタッフの協力の下マッチ擦りを行ってもらいました。
マッチ擦り挑戦後は、先ほど練習したマッチ擦りでかまどに火をつけてもらいました。
その際に火吹き体験も行ってもらい、炎が大きく燃え上がった際には歓声が挙がりました。
かまどが炊き上がるまで親子で古代の火おこし(紐きり式)に挑戦してもらいました。
スタッフが紐きり式火おこしのお手本を見せて、麻綿を使った発火デモを行うと大きな歓声が上がっていました。
その後、親子一組で火おこしに挑戦してもらいました。中には、なかなか火種をつくれない児童もいましたが、スタッフに手伝ってもらいながら、赤く燃える火種ができると、「火が付いた」と歓声を挙げていました。
一通り練習を終えると「火おこしタイムアタック」を親子対抗でおこなってもらい入賞した親子には景品としてお菓子を贈呈し、大いに盛り上がりました。

かまどのご飯が炊けると、児童の皆さんが、かまどを中心に集まり、非常に興味津々な様子で、代表の児童に蓋を開けてもらうと歓声が挙がりました。

最後に料理の仕上げを行ってもらった後かまどで炊き上がったご飯を取り分けて分けて、親子に配膳した他、昼食として召し上がっていただきました。
「簡単に作れたのにすごくおいしい」といったような意見もあり、イベントは盛況のうちに終えることができました。

2018年08月01日

徳島市立富田小学校

6月10日(日)に、徳島市立富田小学校において、3年生26名・兄弟13名・保護者31名を6班に分け『火育&地産地消』の出前親子授業を行ないました。

今回も親子教室の一環とした授業にして欲しいとの要望が学校よりあり、御父兄も一緒に授業を受けて頂きました。
親子で火の歴史について質問形式で簡単に触れた後、あらかじめ準備しておいたかまどに、生徒の代表2名により点火をしてもらいました。炊飯をしている間、ひもキリ式の火おこし体験やマッチすり体験を行ないました。

親子共同作業にて、全員が火おこし体験し、『しんどいけど、たのしい!』とか『やっと点いた!』などという声が飛び交いながら、積極的に取り組んでくれました。

火おこし体験が終了した頃にご飯が炊きあがり、スプーンで各自ひと口づつ試食してもらい、あちらこちらから「ごっついおいしい」という感動の声が上がりました。残ったご飯はボールに移し、あとでおにぎりにして食べてもらいました。

最後に、ガスコンロでポップコーンを作り、しおり・ストラップと一緒に配布し、笑顔の中の授業で終える事ができました。
富田小学校の3年生のみなさん、ありがとうございました。

2018年03月02日

南国市立大篠小学校

3/2(金)南国市立大篠小学校3年生151名の皆様とガスコラボ四国 火育×地域防災出前教室を実施しました。
はじめに火育の取り組みの紹介、災害にはどのようなものがあるか、緊急地震速報を聞いたときの身の守り方、火の歴史、火が私たちにもたらしてくれたことをクイズや身振り手振りを交えて楽しい雰囲気の中、勉強した上で、火おこし体験へと移りました。
屋外に移動し、こども達にどうやって火をおこすか考えてもらい、各班であれこれ試した結果を発表してもらいました。
マイスターのおデモに続き、全員で火おこしを体験。子供達には火の大切さや貴重さを伝え楽しく体験することができたように思います。

続いて、地元のブランド米を使ったかまど炊飯を行いました。
かまどの蓋をカウントダウンして開けた瞬間、立ち上がる湯気と子どもたちの大きな歓声が上がりました。
こども達からは、炊き立てのおいしさに驚きの声を聞くことができました。お代わりする子に続き、保護者と先生にも試食してもらい、「やっぱりかまどのご飯はおいしい」「なんでこんなに違うの?」などたくさんの声をいただきました。

5クラス151名を午前と午後に分けての実施となり、午前の部の準備は7時40分からとスタッフも大変でしたが、子供達の楽しい記憶になるよう担当スタッフで打ち合わせを重ね、火の大切さと将来エネルギーを選択する際に、「ガス」が身近な存在であるように互いに想いを込めて取り組むことが出来ました。
大篠小学校の皆様、ありがとうございました。

2018年02月24日

高知市立神田小学校

2/24(土)高知市立神田小学校2年生96名と保護者の皆様とガスコラボ四国 火育×食育教室を実施しました。
はじめに火の歴史、火が私たちにもたらしてくれたことを勉強した上で、火おこし体験へと移りました。
屋外に移動し、気持ちのよい好天のもと、こども達にどうやって火をおこすか考えてもらい、各班であれこれ試した結果を発表してもらいました。
マイスターのおデモに続き、保護者の方々と一緒に火おこしを体験。子供達には火の大切さや貴重さを伝え楽しく体験することができたように思います。

今回は食育がテーマで地元のブランド米を使ったかまど炊飯を行いました。
かまどの蓋をカウントダウンして開けた瞬間、立ち上がる湯気と子どもたちの大きな歓声が上がりました。
こども達からは、炊き立てのおいしさに驚きの声を聞くことができました。お代わりする子に続き、保護者と先生にも試食してもらい、「やっぱりかまどのご飯はおいしい」「なんでこんなに違うの?」などたくさんの声をいただきました。

子供達の楽しい記憶になるよう担当スタッフで打ち合わせを重ね、火の大切さと将来エネルギーを選択する際に、「ガス」が身近な存在であるように互いに想いを込めて取り組むことが出来ました。
神田小学校の皆様、ありがとうございました。

2018年01月07日

高知市立大津小学校

1/17 高知市立大津小学校 の5年生93名に、ガスコラボ 火育×食育教室を実施しました。
はじめに火の歴史、火が私たちにもたらしてくれたことを勉強した上で、火起し体験へと移りました。
当日は、小雨混じりの天気で、児童は急遽体育館での火おこし体験となり、マイスターによるデモは、屋外でと、多くの児童に雨をよけながらデモを見てもらうのに苦労しましたが、その分児童には、火の大切さや貴重さを伝え体験することができたように思います。

今回は食育がテーマ、児童が授業で作った「あきたこまち」を使って、かまど炊飯とキッチンカーでの自動炊飯を行いました。稲を育てるところから、自分たちで食べるところまでを年間を通じて学ぶ、地産地消の大トリの教室となりました。

児童たちからは、「普段食べているごはんと味が違う!?」「なんでこんなに違うの?」とたくさんの声をいただき、火の素晴らしさについて体感してくれたことと思います。
学校の取り組みへの関心も高く、地元民放3局が取材に訪れ、夕方のローカル枠で詳しくレポートしてくれました。

将来エネルギーを選択する際に、「火のある暮らし」が身近な存在であるようスタッフ一同、取り組むことが出来ました。

大津小学校の皆様、ありがとうございました。

参加お申込み 火育キッズ教室出前授業 お申込みフォーム
ガスコラボ四国 (一社)徳島県エルピーガス協会 (一社)香川県LPガス協会 (一社)高知県LPガス協会 (一社)愛媛県LPガス協会 四国ガス株式会社

カレンダー

2019年7月
« 1月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031